有料老人ホームの特徴

有料老人ホームは主に民間の企業が運営している老人ホームであり介護や食事のサービスを受けながら生活できる施設で65歳以上でまだまだ健康で自立されてる方から要支援、要介護の方も入居可能になっています。


プライバシーも守られている上、設備が充実してるのも特徴でレストランやシアターがある所もあります。更にアクティビティのメニューも数多く用意されていてコンサートやバスツアー、ダンスやビリヤードやマージャンなど多種用意されています。
居住スペースや共用施設の面から有料老人ホームを見てみると部屋にはお風呂にトイレ、ミニキッチンなどマンションのような快適な作りになっていて共用施設は、ラウンジや大浴場、食堂、図書館、トレーニングルームなど充実しています。

有料老人ホームの正しい情報はこちらです。

要介護の方の場合は部屋の特徴的には介護しやすい部屋のレイアウトになりトイレ洗面台にベットが一台配置するワンルームになります。



介護の状態により居室を住み替えるケースもあります。
入居時の一時金の相場は300万~で月々の費用としては15万円前後が平均と言われてます。

Ameba Newsの最新情報をご提供します。

部屋が広かったりその他サービスのつけ方によっては20万円~が相場です。


更に多くのサービスが充実した施設で考えた場合一時金も跳ね上がり700万円~1000万円以上にもなり、月々も30万円以上かかります。

どんな生活スタイルで過ごしたいか、予算的にも折り合いがつくのはどのグレードの有料老人ホームなのか、しっかり検討して後悔のない生活の場を見つけていただきたいものです。