有料老人ホームへ入所するには

有料老人ホームへ入所するには、実は簡単なことではないのです。

まず対象者は基本的に65歳以上の方となります。

All Aboutの口コミ情報を参考にしよう。

そして、まず費用がかなり高額になってきます。

イメージすると、介護がついていていろいろ管理されているアパートへ入居することになったと思っていただくとわかりやすいかもしれません。


なので、住所をそのまま有料老人ホームへ移動させることも可能です。

有料老人ホームならお任せください。

その場合のほうが、減免制度(世帯の収入によって、料金が変わってくる)というのがあり、あてはまると、かなりの費用を削減できるはずです。



アパートへ入所するようなものなので、敷金、礼金が発生します。

さらに毎月のいわゆる家賃は相場では15万くらいでしょうか。


この中に含まれているのは、最低限のものばかりで光熱費が別にかかるところが大半です。


さらに食事代も朝・昼・夕とそれぞれいくらかかかってきます。


合算すると、食費だけでも3万を軽く超えるでしょう。

よって、月に20万前後かかってくるというおそろしいことになります。

しかし、経済面をクリアしたとしても、入所できるかというとそうでない場合もあります。
それは親族、しかも頼れる親族が近くにいるのかということです。だいたいの有料老人ホームは有事の際には、家族に連絡して家族に対応してもらうという考えのもと経営しているのが実状です。
病院への付き添いには施設のスタッフは行ってくれません。

家族が手配していかなければなりません。

スタッフがいるというのにほとんどなにもしれないのです。