介護付有料老人ホームの種類、費用について

介護付有料老人ホームとは、民営の介護事業者が運営する介護施設の事をさします。

その為、入居者が介護を受ける要介護者しかいない【介護専用型】、健常者も受け入れる【混合型】、外部事業者もサービスに関わる【外部サービス利用型】という形を持っているのが特徴となっています。



とはいえ、入所基準はそのホームによって大きな差があります。

収入・資産から支払いが可能かが一番といえ、要介護レベルや身元引受人はいるかなどの条件を考慮した上、自身に合った施設を選ぶ事が大切であるといえるでしょう。

介護付有料老人ホームの大きなメリットは、個室になっているなどプライベートゾーンがきちんとありながらもレクリエーションが受けられたり、何かあった際に総合病院など医療や介護ケアに対応しているという事。

その反面、費用が高く、特に【外部サービス利用型】の場合介護サービスが割高になるといった金銭面のデメリットが問題となっています。

介護付有料老人ホームのサイトの利用が更に広がるものと考えられます。

さて、そんな介護付有料老人ホームに入居するには大体いくらくらいかかるものなのでしょうか?多くの場合は月額費用が大体12~30万円ほどかかるほか、初期費用が数千万円かかるという事も。


月額費用に差があるのは、ここ近年で初期費用が無料の変わりに月額を高く設定するという施設が増えてきているためだといわれています。

BIGLOBEニュースが気になる方に必見の情報です。

最近は介護という閉ざされた空間を舞台に、様々な事件が多く起こっており、本人はもとより預けるご家族も不安で一杯かと思います。

様々な施設の内覧会や説明会に訪れ、出来るだけ自分たちの条件に合った施設に出会えるようきちんと選びたいものですね。